エンジニア業種別収入ランキング

IT専門職として仕事をしている方は、今の自分の収入に満足していますか。
「他の仕事と比べると、収入は良い方だろう」と思っている方もいると思いますが、中には「忙しい割には、収入は少ない」と感じている方もいると思います。
IT業界では、様々な専門職の方が働いていることになりますから、業種によっても収入への思いは変わってくるのかもしれませんね。

IT業界では、様々なエンジニアの方が活躍していることになりますが、その中でも一番収入が高いのはITコンサルタント。
ITコンサルタントの仕事は、知識や経験だけではなく、様々なスキルが必要となる仕事ともなりますから、収入設定が高いのも納得出来ますよね。平均年収は633万円となっています。
次に収入が高いのは、プロジェクトマネージャー。こちらも、かなりの経験が必要となる業種ですから、収入が高いのも納得出来るでしょう。平均年収は619万円となっています。
次は、研究開発となっており、平均年収580万円。社内SEは、549万円となっています。
SEプログラマの平均年収は448万円。プロジェクトマネージャーと比べると、150万円以上もの差があることになります。
その他、ネットワークエンジニアは464万円、テクニカルサポートは421万円となっています。

同じように、エンジニアとして活躍している方でも、どういった業種なのかによっても年収が大きく変わってくることになります。
経験や実績を積んでいくことで、年収アップを目指せるという希望も持てるでしょう。
エンジニアというと、「どの業種も、年収は変わらないだろう」と思っている方もいると思いますが、求められるスキルも変わってくるため、年収にも大きな差があることになります。

Add Your Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です